日々の思い悩み

日々思っていることを書く

転職するから理由書く。

11月末でSIerを退職しました。
4年半ぐらい主に不動産会社の社内システムを作ってました。
まだ転職先は決まってないですが、頭の整理のために転職理由を記します。

  1. 技術レベルが上がるにつれて、仕事自体がつまらなくなった。
    そもそも前職に入った理由は、「プログラミングスキルを上げたい」という理由が大半。業界とかはあまり重視しなかった。
    まあそれでもプログラミングスキルだけでは開発はうまくいかないと感じ、顧客折衝を行い、要求・要件定義/設計レベルのことをやるようになった。(ホントはプログラミングをしたい)
    顧客折衝の中で業界知識を深めることができたが、社内システムであっため業界を変えるようなシステムを作るということではなかった。
  2. 元上司との衝突
    今まで関わっていた上司とは別チームで開発案件を任されたが、その上司が協力関係ではなく敵対関係になり破綻した。
    【実際に起こったこと】
    対応していた顧客は、要求・要件定義を精査する前に機能設計を行う癖があったため、成果物がユーザにとっては使い物にならないということが多かった。
    そのため要求・要件の精査を行い、こちらから提案するというスタイルを開発チームで行う方針で進めていた。
    しかし元上司のやり方は、顧客に提示された機能を最速で行うという方法であったため、相談なく顧客と勝手に合意し、顧客と意見が合わなくなる場面が何度かあった。
    (その人はシステム設計がいつもうまくなく、開発したものは何ヶ月後には使われなくなる無駄機能を顧客と合意していた。ただ顧客がほしいって言った機能ができるからITシステム部の評価は良かった。)
    顧客(ユーザ)ファーストってそういうことじゃないんだけどなーと。

  3. 顧客の評価システム
    開発されたシステムがいかに業務効率化したかという評価ではなく、スケジュール/予算どおりに機能を作成したかどうか?という視点で評価されているようであった。上記の評価って多分難しいと思うが、こういう取り組みを行わないと一向に改善できない。
    システム評価ってあまり詳しくないんだけど

    • 想定内のスケジュール/予算かどうか(マネジメント視点)
    • 業務側からみて、改善したかどうか(ユーザ視点)
    • 今後改修がしやすい作りになっているかどうか(開発者視点) この全てを行わないと、どこかにひずみが生まれてくる。
      SIerの開発業務ってシステムが開発者視点から評価されることが、難しい。見た目がいい感じでスケジュールに収まればOKになっちゃうんだよな。。
      継続的にシステム開発していくという視点からは、開発者視点での評価ってホント大事だと思う。
  4. 開発メンバーの未熟さ
    中小企業であったため、採用が難しいのはわかるが、開発メンバー4人すべてが新人。かつ新たなPMがなにもできていなかった。
    中途で自分ぐらい(3年以上?)の人がいなく、要件・要求定義を行いつつ開発方法を教育し開発スケジュールを作成したりと開発に関わるフローすべてを行わないと行けない状態になっていた。かつ最後までPMは何もできなかった。
    またその新人も昔の自分と比べて、貪欲でなく意識の低い人が多かった。

  5. 社内の雰囲気として、技術より今現在入るお金を優先しているように感じた。

    • 技術レベルをあげようとする取り組みがない。というかその役割を作らない。
    • 開発メンバーが育ってないのに、無茶な案件を行わさせる。AWS知らないメンバーでAWSやるって?
       * 自分たちでサービスを作るという目標があったのに、4年半で1つもその案件を完了していなかった。自分に案件が来ることはなかった。(多分客先常駐でそれなりに上手くやれてたから、稼ぎとしては優秀だったんだよな)

今後やっていきたいこと

  • OSS活動
  • 勉強会
  • プログラミングの自習

足りないこと

  • 個人の時間を使って、なにかを開発すること
  • 技術資料をまとめたりしていない

次のステージ探しのために

  1. 業界の選定
    これから伸びそうな業界を探す。
    →エージェントにお願いして、
    自分の得意分野の明確化
    情報収集
  2. 会社の選定

その上でアプローチをして、採用していただこうと思ってます。

なんか愚痴っぽくなっちゃった気がするな。。

ひさびさに歯医者に行ったらひどかった。

鎖骨も折りましたが、虫歯にもなってました。

それで10年ぶりぐらいに歯医者に行きました。

レントゲンを撮って、
 「この辺り多分虫歯だと思いますよー」
って言われたので、
 「確定するためにもCT取りましょう」
という流れになりました。
一応その時は金額の説明があり、CTを撮ると2万円かかります
と言われましたが、てっきり保険適用前の金額だと思い
実際に払う金額は30%の6000円だと思ってたわけですよ。
(そりゃー確認しない俺も悪いんでしょうが)

そしたら会計でびっくり!キチンと2万円かかってました。。。
(しかも診察料は別なので2万5千ぐらいはかかったかな。)

そのうえ、予約金というものを支払わないと次回以降
診察はできないということで
1万円も支払いました。。。
(この予約金は治療が全て終わると返金される仕組み)
この予約金って歯科の世界では一般的なのかな?
ネットで調べると結構でてきた。。。

ちなみに治療の際はしきりに保険外治療を勧めており、
診察ではなくセールストークを聞いているようでした。
そういえば、銀歯にするとよくない!ということをこんな感じで説明された。
 ・金属アレルギーが発症する可能性がある。
 ・銀歯の部分が虫歯になると削らないといけないので、歯がなくなる
 ・実際の歯より硬いので噛み合わせた歯を削ってしまう

ぶっちゃけ保険外治療を勧めないといけないような
今の銀歯治療ってどうなんでしょうか。
↑にあげたものが本当かどうかわかりませんが、
もしそうであれば制度が悪いですね!

昨日、とりあえず片側だけ歯の治療をしてもらい
もう片方は行わないということにしたのですが
最後に予約金を返してくれなかったんですよね。

正直1ヶ月前のことだから予約金のこと忘れてたんですが
今日それに気づき電話すると、いやそーに返金してくれました。
もう絶対いきませんね。
せっかく文部省の前にある歯医者だったから信用してたのに。。

Audio-Technica ATH-M50xを買った。

完全に衝動買いです。
後悔はまだしてません。

1万以上のイヤホン・ヘッドホンを買うのが初めてだから
音が良く聞こえるのは当たり前! これからながーく使っていきたいです。

昨日Macbook ProGarageBandを初めてさわってたんだよね。
そしたら、もっとDTMやってみてーってなって買っちゃいました!
Appleさんマジお金使わせるのうますぎww
まあ以前からいいヘッドホンほしいなーと思ってたけど。。。

今回、買うまでが凄い早かったなー
迷ったのは、定番の↓これと https://www.amazon.co.jp/dp/B000UPEJCU?tag=s02a3-22www.amazon.co.jp

↓これ。 www.amazon.co.jp

欲しくなった理由が「DTMをしたいから」だから、
正統派のモニターヘッドホンを買うか迷ったけど、
正直この歳からプロを目指そうとは考えてないから
リスニングができるかどうかで選びました。

そしたら「MDR-7506」と悩んでたんだけど、
最近発売されているのと、コードが着脱式なのと
見た目が好みなので「ATH-M50x」にしました!!(見た目大事!)

それでは開封の儀! f:id:kowwwwji:20170618193225j:plain

箱を開ける!! f:id:kowwwwji:20170618193240j:plain

くそっ!まだ隠れてやがる!でてこーい!! f:id:kowwwwji:20170618193251j:plain

でてきました!本体!!
Audio-Technicaのマークの部分を取ると・・・

f:id:kowwwwji:20170618193302j:plain

3つのコードが入っていました!

1年後にぐるぐる巻きのコード使ってDTMやってたら
ヘッドホン買った意味があるよね!
(多分やってないけど!)

これから大事に使います!! ヘッドホンの感想はまた後日追記します。
とりあえず聴きまくります!

鎖骨を折って1ヶ月が経った。

ひっそりとGWに鎖骨を折りました。
今は↓こんなのつけてます。

アルケア クラビクルバンド・II 鎖骨固定帯 17542 L 1個

アルケア クラビクルバンド・II 鎖骨固定帯 17542 L 1個

せっかく鎖骨を折ったのでその話を書きます。

GWの1ヶ月前から僕は友達と2泊3日の旅行を計画していました。
その旅行の内容は、ロードバイク秩父に向かうというものです。

【1日目】
5月3日、新座駅に9時で待ち合わせをしていました。
でも待ち合わせに間に合ったのは自分のみ。
今考えればこの時からついてなかったのかな。。。
しかも1人は2時間遅れ。。。
ぶっちゃけ俺は半分キレてた。
30過ぎて同年代を遅刻で注意する気にもなれず、まあしょうがないと2泊3日の旅は始まりました。

ルートは↓こんな感じ

latlonglab.yahoo.co.jp

飯能から徐々に登りが増えていくのだけど、正丸トンネルまでの上りがすっごいきつかった。。。
でも無事登り切ることができました!!

、、、というのも実はこのルートは一度登ったことがあり、どれだけ登ればいいかわかっていたのです。
初めて登るときはどれだけ登ればいいかわからず、途中で降りて自転車押してました。
今回はギリギリ登れたので次は余裕で登り切るくらいはなりたいなー

泊まった「ゲストハウス錦」はホントいいところで、何と言ってもその日に集まった人たちとお酒が飲めるのはいい!

guesthouse-nishiki.com

その日は東京でテニスをしてノリで秩父まで来た男3人と東京理科大の女学生と飲んだけど、なんか大学時代に戻ったみたいだった!
でも途中で体調が悪くなり、夜10時ごろに寝床に戻る。
これくらいから徐々に雲行きが怪しかった。。。

【2日目】
1日目体調を崩したため、大事をとって休むことにした。
この日は「あの花」スポットを回る予定だったから、旅のメインだったのにまーったく何もできなかった。
ずーっと体調悪かったので丸一日休み。

【3日目】
2日目に休養できたため、全快とはいかなかったが8割ほどの調子には戻ってた。
帰りのルートは登りがなく、スムーズに帰宅できると思っていました。

3人内2番目で走っていたのだけど、途中縁石に乗り上げ、
そのままポールにどーーーーーーーーーーーん。
この衝撃で鎖骨が折れ、肋骨にヒビが入り、ヘルメットが割れました。
気づいた友達が近寄ったところ、耳から血が出ていることに気づき、ヤバい!と思ったらしいです。すぐ救急車を呼んでくれました。

それからドクターヘリが来て、埼玉医学大学総合医療センターに運ばれたらしいです。。。
というのも衝撃で記憶が全くないんです。気づいたのは病院で、彼女と彼女の両親が来てくれたとき。
気づいてからは「なんでこうなったのか」と考えていました。

気づく前、受け答えはできていたらしいです。何度も同じことを聞いていたらしいですが。
意識自体は常にあったらしく電話番号や住所を受け答えできていたようです。
ただ初めてベッドから起き上がろうとした時の激痛は今でもトラウマ。 意識がないときにどう反応していたかわかりませんが、
「あれ以上の痛みを今まで僕は知らない」

今1ヶ月が経って痛みはなくなりつつありますが、まだまだ治りません。
親から送られ来た↓これを飲んで早く治します!

https://www.amazon.co.jp/DHC-カルシウム-CBP-60日分-240粒/dp/B006TQKSQ0www.amazon.co.jp

 

フットサルについて

フットサルを再開して1年経つ。

最初はいろんなチームに参加したけど、今はほぼ落ち着いて3チームに参加してる。
そのうちの一つが「ミズノフットサルプラザ調布」でやっているチームなんだけど、
最近代表にならないかと言われてる。。。。

って言ってもみんなやりたく無いからなんだけどね。
代表になってやることって

  • スケジュール作成
  • 告知
  • 人数が足りなかったら、Labolaなんかで助っ人集め

ってことをやるんだけど、完全に無報酬だからみんなやりたく無いんだよね。
なんかPTAをやっている気分。

まあ頑張るしか無いか。。。

あっやりたい人がいれば、コメントに。。
(まだコメントしてもらったことないけど。。。)

MacBook Pro(Late2016)を買った感想など

MacbookProを買った。
(スペック)
メモリ 16GB
CPU  2.0GHzデュアルコアIntel Core i5
SSD  512GB
US配列、touchBarなし

【キーボードについて】
初のUS配列のためすげぇ苦戦してる。
キーマップを変更できるkarabineはmacOSがSieraのため、まだ使えない。。
またMac特有の入力方法があるため、それにも苦戦してる。

(自分用メモ)
 @ → shift + 2
 かな英字変換 → control + スペース
 home、end → command + 右or左
 delete(後ろを削除) → fn + delete
 墨括弧【】 → option + 8or9
 ・(中黒) /
safariでの操作
 タブ移動 shift + command + [ or ]

Late2016はキーボードが変わり、キーストロークが浅くなった。
この変更を嫌がる人もいるが、使ってみた感想としては逆にいい印象。
キーストロークが浅いため、脳に浮かんだ文字がすぐ表示されるのは気持ちいい。
(指が動く前提)
キーボードにこだわる人が嫌がっていると思うけど、 デスクトップのキーボードと同じ感覚のものって
ノートパソコンに存在しないんじゃない?

あとUSB-Cのハブを買わないとiphoneにも接続できないのはきついなあ。
とりあえず、amazonのタイムセールがあったのでこれ買った。

何ヶ月かしたらもう一度Macbookを見直そー

2016年度のまとめ

せっかくブログあるのに一年のまとめを行わなかったので、ここでやろうかなと。

・ 4月~8月 node.js
4月~8月はnode.jsを扱った。全然しらない状態から必死にくらいついてなんとか覚えたけど、まだまだ勉強すべきことがいっぱいある。
React-Reduxを覚えたい。
職場指定でIDENetBeansなのはマジでやめてほしい。

・ 9月 ansible + zabbix
監視システムを構築した。4月から休日などを使い作成していたが9月にがっつりやって完成させた。
といってもこれも自学自習を行った。正直node.jsとzabbixとansibleを同時に学んでいたから消化不良がかなりある。
zabbixの設定はまだまだ足りないところがあるし、ツールを使うことが精一杯で「監視」「運用」の全体観をもっと学ばなければならないと感じている。

・ 10~12月 Java
大きな金融案件の要件定義に関わった。
今まで関わったことがあるのは最大でも開発者が7人という開発体制の中での開発であった。
この金融案件は30人とか50人とかいて、そのための資料作成に追われた。 つまりウォーターホールの案件ってこと。
3カ月しか関わらなかったけど、正直自分には合わないと思ったしこれからは少人数精鋭のチームでアジャイル開発に関わっていたいと心底思った。
コードを書けないとか最新技術に触れられないということは、プログラマになるのが遅かった自分にとっては大きなマイナスなので当分ウォータホール案件にはかかわりたくない。

・ 1~3月 node.js
4月の案件に再アサインされた。今度はリーダー的な立場で。
PMは技術に詳しいと言いながらそうでもないし、プロジェクト管理も自分がやっているのでPMに顧客調整とかやってもらっている。
PLという立場だけど、いろんなことを任されるので自分としてはいい環境。

【総評】
消化不良の年。
今年度はnode.jsに詳しくなる。 後半には勉強会にも参加することができたし、すごいひとはいっぱいいるんだなーと感じることができた。
SIerとしては技術力があるほうなのかもしれないけど、甘んじてると死ぬなぁと思えた。
ただ、あんまりnode.jsばっかりだと意識高い系になってしまうのでJavaのDDDはちゃんと覚えるようにする。

インフラはzabbixはちょっと置いといて、Docker+VagrantVirtualBoxを一通り使えるようにする。